令和4年度発掘調査情報

丈六横穴墓群・丈六古墳群じょうろくよこあなぼぐん・じょうろくこふんぐん

調査終了
調査期間
4月~6月
場所
双葉郡浪江町大字高瀬字小山迫
該当時代
古墳時代
調査原因
県道落合浪江線の整備

 今年度の発掘調査は、4月25日から開始しました。昨年新たに発見した5号横穴墓から南側の地区を対象に、これまで溝跡1条、土坑1基を調査しています。
 溝跡は深く掘り込まれ底面が平らなので、道跡の可能性があります。
 古代の土坑に壊されていることからこれより古く、丘陵から上段の横穴墓に通じる通路かもしれません。
 土坑は、鉄づくりに関連する木炭焼成坑(簡易木炭窯)と考えられます。

①足場設置.JPG

①高所にある横穴墓の調査のため、今年も足場を組みました。

②溝跡調査状況.JPG

②溝跡は最も深いところでは約90㎝あります。底面も平らに整えられています。

③木炭焼成土坑.JPG

③壁面が焼けており、こまかな炭がたくさん出土しました。上面から、平安時代ころの土器も出土しています。