令和3年度発掘調査情報

前田遺跡まえだいせき

調査中
調査期間
令和2年4月~
場所
伊達郡川俣町字小綱木字前田
該当時代
縄文時代中期~晩期、奈良・平安時代
調査原因
国道114号(山木屋Ⅰ工区)改良工事

プロジェクト前田

~前田遺跡発掘調査終末期~

1.jpg

【以下、プロジェクトX風に読んでいただけると雰囲気がでます。】

前田遺跡は、1・2次調査で、木胎漆器や漆塗土器が出土し、非常に難しい調査になることは、わかっていた…

その中で、遺跡調査部は以下のメンバーを招集して、調査を担当させた…

前田遺跡担当課長:K・I

前田遺跡調査班長:T・M

遺跡調査部のエース:S・N

山形県からの助っ人:C・S

伝説の発掘屋:レジェンドS・M

この布陣で第3次前田遺跡発掘調査は、開始された…

2.jpg

(発掘調査風景)

しかし、やはり前田遺跡は手ごわかった…

次々と現れる柱穴、土坑…

足元には、掘れない土などなかった… すべてが遺構であった…

3.jpg

(発掘調査風景)

4.jpg

(発掘調査風景)

柱穴内には、縄文時代晩期の柱が起立していた…

「まさか…縄文時代の木材が残っているなんて…」

その場にいる誰もが目を疑った…

5.jpg

(重複する木柱)

これら100本を超える柱は、我々の調査を妨げる柵のようにも見えた…

 6.jpg

(木材で固定されている柱)

7.jpg

(礫が埋め込まれた柱穴)

ある日、エースS・Nの叫び声が…

「こ・これは、頭蓋骨ではないのか!」

8.jpg

94号土坑出土人骨出土状況)

その後、次々と見つかる縄文人骨…

唖然とする調査員と作業員…

さすがのレジェンドS・Mも立ちすくみ「手に負えない…」とつぶやいた…

重複に重複を重ねる住居跡や土坑、柱穴…

眼前に現れる縄文時代の柱、縄文人骨…

おびただしい量の縄文土器・石器類…

『強烈』である…

誰かが言った…「もう、お手上げだ…」

それを聞いていた班長T・Mは、「まだできる。あきらめるな!俺は信じる!前田遺跡調査班を‼みんなを信じる‼心を燃やせ‼」

と鼓舞し続けた…

前田遺跡調査班員は、その言葉に答えてくれた…

そんな時、各部署から前田遺跡の調査に協力するために、代わるがわる大勢の仲間が集まってくれた…

班長T・Mは嬉しかった… 心の中で嬉し泣きをした…

9.jpg

(発掘作業風景)

その後も、雨天の中、酷暑の中 前田遺跡調査班員は調査を続けた…

10.jpg

(竪穴住居跡調査風景)

11.jpg

(発掘調査風景)

しかし、

前田遺跡の調査の過酷さが、少しずつ調査員の体にダメージを与えていた…

あまりの厳しさにある者は膝を痛め… 

またある者は腰を痛めた…

みんなが疲弊していった…

粛々と進めた調査…

どれだけ時が経ったのか… 

季節の変化にも気づかずに…

12.jpg

47号住居跡)

13-14土偶2.jpg

15.jpg

95号土坑出土人骨)

16.jpg

(ヒスイ製垂飾品)

17.jpg

164号土器埋設遺構)

季節は、いつの間にか冬になっていた… 

膨大な遺構に加えて、厳しい寒さと雪が調査の手を遅らせた…

18吹き出しのみ.jpg

(厳冬期の発掘調査風景)

年末、年を開けても調査は続いた…

19.jpg

(発掘調査風景)

少しづつでも調査は進展していた…

いつしか…

縄文人の痕跡が認められない層まで、掘り進んでいた…

「終わりが近い…」調査員みんなが確信した…

長い闘いであった…

長い調査であった…

令和3年2月26日、今年度の前田遺跡の調査は終了した…

「本当に終わったんですね…」エースのS・Nは、尋ねた…

「終わったんだよ…終わったんだ…」班長T・Mは、かみしめるように答えた…

唇を固くかみしめ、固く結んだ握りこぶしは天を指していた…

彼らを支えたものは何だったのか…?

 文化財に対する熱い思いなのか…?

 使命感だったのか…?

 町の歴史への誇りと郷土愛だったのか…?

~エピローグ前田~

前田遺跡は今年度の調査は終え、養生されたまま次年度の調査まで静かな時をむかえていた…

20.jpg

(前田遺跡令和3年度発掘調査区)

すでに…

調査員たちは次年度の準備を進めている…

ある者は、整理作業に向けての作業を行っていた…

21.jpg

(土器の接合のためのリスト作成)

またある者は、次年度の作業員雇用のための説明会を開いていた…

22.jpg

彼らに休息などない…

プロジェクト前田を完結するために…