令和3年度発掘調査情報

栗林遺跡くりばやしいせき

調査中
調査期間
令和3年4月~
場所
南会津郡下郷町大字中妻和田前
該当時代
縄文時代中期~後期
調査原因
会津縦貫南道路の建設

栗林遺跡は、下郷町役場の北東約2㎞の中妻地区に位置する遺跡で、阿賀川右岸の河岸段丘上に立地しています。1~4次までの発掘調査で、縄文時代中期中葉~後期初頭(約5,0004,000年前)にかけての集落跡が確認されました。今年度は、4次調査までで発掘調査に着手できていなかった部分の調査を実施します。

写真1 今年度の調査区.jpg

写真1 4次調査時の空撮写真 

北西から撮影した写真です。北西側の阿賀川の段丘崖に向かいなだらかに傾斜する地形で、南東側には山が控えています。赤く表示した部分が令和3年度(5次調査)の調査範囲です。

写真2 栗林遺跡5次調査区.jpg

写真2 5次調査区

黄色で示した部分は4次調査までの調査区で、大きな丸が竪穴住居跡を表しています。赤色で示した県道部分と三角形の部分が5次調査の範囲ですが、竪穴住居跡が密集する集落跡の中心部分であることがわかり、今年度の調査も多くの遺構・遺物が見つかることが予想されます。

4月

春の遅い南会津で、雪も消えた4月後半。

いよいよ、栗林遺跡の発掘調査再開です。

まずは、三角形部分に残る近現代の表土を重機で注意深く取り去ります。

写真3 表土除去作業.JPG

写真3 表土を取り去っている状況

土器や石器、縄文時代の構築物の一部と考えられる石が露出し始めたら、人手で丁寧に掘り下げていきます。すると、子どものお墓と考えられている大型の土器を横倒しに埋めた「土器埋設遺構」や長さ1040㎝ほどの河原石や石皿などを並べて作られた「配石遺構」が次々に見つかりました。出土する土器の特徴から、これらの遺構は縄文時代後期初頭(約4,500年前)のものと考えられます。

写真4 縄文時代の遺構が出現.JPG

写真4 次々に見つかる縄文時代の遺構

写真5 縄文時代後期の遺構群北西から.JPG

写真5 三角形の部分で検出された縄文時代後期初頭の遺構群

写真6 土器埋設遺構(SM103).jpg

写真6 土器埋設遺構(103号土器埋設遺構)

写真7 配石遺構 (SS20).jpg

写真7 配石遺構(22号配石遺構)

昨年度の調査で表土が取りさられていた県道部分でも、土器埋設遺構をはじめとする複数の遺構が見つかっています。

写真8 土器埋設遺構(SM110)検出.jpg

写真8 土器の周りの暗い色の土を掘っていくと

写真9 土器埋設遺構(SM110).jpg

写真9 三角部分の土器埋設遺構よりも少し古い時期の土器埋設遺構でした(110号土器埋設遺構)