令和2年度発掘調査情報

徳定A・B遺跡とくさだえー・びーいせき

調査中
調査期間
令和2年4月~
場所
郡山市田村町徳定大柳
該当時代
古代・中世
調査原因
阿武隈川の河川改修工事

徳定A・B遺跡は郡山市内を流れる阿武隈川の右岸に位置し、郡山盆地最大の沖積地上に立地しています。

昭和474950年の東北新幹線の建設に伴う発掘調査では、古墳時代後期の大きな集落跡が確認されました。また平成に入ってから行われた郡山市の区画整理事業に伴う発掘調査でも、縄文時代~中世の遺構・遺物が確認されています。

5月

 調査が本格的にはじまりました。すでにたくさんの遺構・遺物が確認されています。調査区の北側は古墳時代後期の集落跡が、南側には中世の集落跡があるようです。

写真1.JPG

写真1 安全に注意して発掘作業を進めます。

写真2.JPG

写真2 古墳時代後期の土師器が出土しています。

中世の集落跡から茶釜とみられる鉄製品が完全な形で出土しました。底部には3つの脚がつけられています。

DSCF1734.JPG

写真1.JPG

写真1 鉄製品が出土したようす

6月

 5月に引き続き、中世の集落跡を調査しています。当時の建物の跡とみられる多数の柱穴や、大きな溝跡、墓穴などが確認されています。出土したものには、青磁や白磁といった輸入陶磁器や古銭のほかに、動物の骨や鍛冶滓(鍛冶を行った際に出る不純物の塊)などがあります。

DSCF2123.JPG

写真1 多くの柱穴が見つかっています

DSCF2208.JPG

写真2 大きな溝跡

DSCF2206.JPG

写真3 出土した青磁の盤

DSCF1976.JPG

写真4 出土した動物の骨

7月

 古墳時代の竪穴住居跡を調査しています。床面の下からは故意に底部を割った土師器の杯(つき 現在のお茶碗のようなもの)が出土しました。いったいどんな意味が込められているのでしょうか。

CIMG7829.JPG

写真1 竪穴住居跡を調査中

CIMG7828.JPG

写真2 慎重に土器を掘り出しています

DSCF2355.JPG

写真3 底部を割った土師器の杯

10月

10月10日(土)に、徳定A・B遺跡の現地公開を開催しました。
当日は台風が接近のため、現場事務所内でのパネルおよび出土遺物の展示のみとなりましたが、100名近いみなさまにご来場いただきました。

写真1 ①.JPG写真1 ②.JPG

写真1 現地公開のようす

現場での調査は終盤に差し掛かってきました。現在は鎌倉時代に掘削されたとみられる大きな堀跡を調査しています。

写真2 ②.JPG写真2 ①.JPG

写真2 鎌倉時代の堀跡を調査中です。

11月

調査区の北端ではおびただしい数の古墳時代の土師器が出土しています。なかには、意図的に底部や胴部を打ち欠いた物や、土師器に混じって石製模造品(せきせいもぞうひん)が出土しています。おそらくおまつりに使用した道具類を置いていった場所と思われます。

DSCF5306.JPG

写真1 出土した様子

DSCF5353.JPG

写真2 底部を打ち欠いた土器

DSCF5321.JPG

写真3 石製模造品