令和2年度発掘調査情報

後迫B遺跡うしろさくびーいせき

調査中
調査期間
令和2年4月~9月
場所
双葉郡双葉町大字郡山後迫
該当時代
弥生時代、古墳時代後期、奈良・平安時代、近代
調査原因
中間貯蔵施設の建設



 後迫B遺跡は太平洋にほど近い低丘陵に立地し、北側には標葉郡衙(しねはぐんが)推定地である郡山五番遺跡や、寺院跡とみられる堂ノ上遺跡などが位置しています。

令和元年度の発掘調査では、古墳時代から奈良・平安時代にかけての集落跡を確認しました。長い期間、断続的に集落が営まれる様子が伺えます。この他、弥生時代の土器や石器が多く出土していることから、遺跡の周辺に当該期の集落跡が立地している可能性があります。

写真1 竪穴住居跡の全景

8-336 SI13カマド検出(北西)②.JPG

写真2 竪穴住居跡のカマドの周りから出土した土器

DSCF1836.JPG

写真3 竪穴住居跡の発掘調査風景


4月

 発掘調査を再開しました。近世の塚を発掘調査しています。塚の下には土坑があり、銭貨が出土しています。

IMG_7441.JPG

写真4 発掘調査風景

IMG_7449.JPG

写真5 近世の塚の断面

19-797.JPG

写真6 近世の塚から出土した銭貨(寛永通宝)

5

奈良時代の竪穴住居跡を発掘調査しています。竪穴住居跡は深さが約70㎝もあり、遺存状況が良好でした。床面からは土師器の甕や石製の管玉(首飾りの一部)などが出土しています。

IMG_7758.JPG
写真1 竪穴住居跡の発掘調査風景

IMG_7607.JPG
写真2 竪穴住居跡の床面から出土した管玉