令和2年度発掘調査情報

赤坂D遺跡あかさかでーいせき

調査終了
調査期間
令和2年4月~
場所
双葉郡浪江町大字棚塩赤坂
該当時代
奈良・平安時代
調査原因
県道広野小高線の整備

所在地:双葉郡浪江町大字棚塩字赤坂

調査期間:令和2年4月~6月

調査原因:県道広野小高線(浪江工区)整備事業に伴う発掘調査

赤坂D遺跡は、請戸川北方の丘陵上に立地します。昨年度の調査では、沢に面した西向き斜面から古墳~奈良時代の瓦窯跡・須恵器窯跡・木炭窯跡・製鉄炉跡廃滓場が近接して検出されました。

今年度は、昨年度からの継続で遺跡北側を調査しています。

5月

遺構検出作業を行ったところ、斜面から木炭窯跡の大きな落ち込みが検出されました。

P1010161.JPG

写真1 斜面から検出した木炭窯跡の落ち込み(黒い部分)

5月13日
 地面を約1m掘り下げたところ、木炭窯跡の赤く焼けた壁を検出しました。
 この後、この赤く焼けた壁の内側を掘っていきます。

DSCF4992.JPG

写真1 木炭窯跡の赤く焼けた壁を検出

6月1日
 木炭窯跡の中の土をすべて掘り上げたところ、木炭の炭素分を吸って黒くなった底面と焼けて硬くなった壁が見つかり、奥壁の上部からは煙突の痕跡も見つかりました。(写真2)
 また、今年調査した木炭窯跡は昨年度調査した2基の木炭窯跡と並列し、作業場も共有していることがわかりました。写真1は左から12号木炭窯跡・9号木炭窯跡・8号木炭窯跡です。

_ASD3783.JPG

写真1 3基の木炭窯跡が並んでいる。

_ASD3641.JPG

写真2 煙突の痕跡

7月

7月22日

 現地における調査は6月いっぱいで終了しました。

 7月に入り、福島市の山下分庁舎において、昨年度の調査で出土した瓦の接合作業を行っています(写真1)。

P1010301.JPG

写真1 瓦の接合作業の様子

10月

10月28日

10月に入り、須恵器の接合作業及び瓦や土器の拓本採りを行っています。

写真1.JPG

写真1 須恵器大甕の接合作業の様子

これらの破片は、1号須恵器窯跡(写真2)から出土しました。

手前の物と向こう側の物で色が違うので、大甕は2個体ありそうです。

写真2.JPG

写真2 1号須恵器窯跡須恵器出土状況(令和元年12月17日撮影)

写真3.JPG

写真3 瓦や土器の拓本採りの様子

      手前の瓦は10号木炭窯跡(写真4)から出土した軒丸瓦です。

写真4.JPG

写真4 10号木炭窯跡瓦出土状況(令和2年1月16日撮影)