催し物案内

「風流踊」ユネスコ無形文化遺産登録記念事業 「フィルムアーカイブズ」

次回開催

①この事業ではこれまでからむし・藍など江戸時代の染織を取り上げてきましたが、最終年度となる今年は紅花について取り上げます。江戸時代の紅花栽培を歴史資料の『会津農書』を始めとした農書から見ていくことによって、ふくしまの歴史や地域に伝わる文化に新たな光を当て、その価値を再発見していただくために企画しました。また、じゃんがら念仏踊りを始めとしたふくしまの「風流踊」についても概説します。
②民俗芸能である「風流踊」がユネスコ無形遺産に登録されるのを記念し、その構成要素である秋田県西馬音内の盆踊りと岩手県内の鬼剣舞の記録映像を上映します。西馬音内の盆踊りは、幻想的で優美なことで知られ、あでやかな端縫いの衣装に込められた深い想いを伝えます。また、鬼剣舞は、お盆の時に先祖の霊を慰めて踊る行事で、みちのくの歴史と、子供たちへの伝承活動を通して地域社会と子供たちをつなぐ民俗芸能の生きた姿を描いています。

・日  時 令和5年2月12日(日)午後1時~3時20分
・会  場 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)小ホール(福島市春日町5-54)
・内  容
【報告】江戸時代の紅花栽培と福島県内の「風流踊」(60分)
     公益財団法人福島県文化振興財団 歴史資料課長 渡邉智裕
【上映】ⓐ端縫いのゆめ―西馬音内盆踊り―
     (31分、1984年、ポーラ伝統文化振興財団)文部省選定、優秀映画観賞会推薦
    ⓑみちのくの鬼たち―鬼剣舞の里―
     (36分、1996年、ポーラ伝統文化振興財団)文化庁優秀映画作品賞、優秀映画観賞会推薦

・定  員 120名(事前申込制、定員を超えた場合は抽選)
・募集方法 郵便はがき・FAX・メールのいずれかの方法(1月30日(月)必着)
・入 場 料  無料
・主  催 公益財団法人福島県文化振興財団
・協  力 公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団
・そ の 他  新型コロナウイルスの感染拡大状況により、休止となる場合があります。
・チ ラ シR4film.pdf