催し物案内

記録映像「からむしのこえ」上映会(収蔵資料展「奥会津の古文書ー総集編ー」関連イベント)

次回開催

・日時 令和4年8月5日(金)午後1時~2時40分
・会場 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)小ホール(福島市春日町5-54)
・内容 記録映像「からむしのこえ」(2020年、91分、制作:国立歴史民俗博物館)
 奥会津の豪雪地帯である大沼郡昭和村は、厳しくも自然豊かな過疎の山村です。この村では、イラクサ科の「からむし」を育て、繊維をとって糸にし、布を織るという営みが受け継がれてきました。その繊維は新潟県に出荷され、最も上質な布として知られている 越後上布や小千谷縮の原材料ともなっています。草や土のにおい、川のせせらぎ、鳥のさえずり、風の音、人 々の談笑する声…。どこか見覚えのある懐かしいふるさとの日常風景とともに、「からむし」に関わる人々の思いや人間模様を伝えます。
監督:分藤大翼
撮影、録音:春日聡、分藤大翼
編集:分藤大翼
整音:岡部潔
題字:華雪
・定員 120名(要事前申込)
・申込方法 申込者 1 名ごとに、氏名・ご住所・お電話番号を明記の上、郵便はがき・FAX・メールのいずれかの方法でお申し込み下さい。令和4年7月19日(火)必着
・お問い合わせ先 福島県歴史資料館
〒960-8116 福島県福島市春日町5-54
tel 024-534-9193 fax 024-534-9195
e-mail history@fcp.or.jp
・その他 新型コロナウイルスの感染拡大状況により、休止となる場合があります。
・チラシkaramushi.pdf