催し物案内

フィルムアーカイブズ

開催終了

 ふくしまと沖縄の文化的な交流は、江戸時代初期まで遡ります。また、今年は沖縄の本土復帰から50年を迎えます。歴史資料の『会津農書』と沖縄ゆかりの記録映像を組み合わせることにより、ふくしまの歴史や地域に伝わる文化に新たな光を当て、その価値を再発見していただくために企画しました。
・日時 令和4年2月27日(日)午後1時~3時20分
・会場 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)小ホール(福島市春日町5-54)
・定員 120名(申込不要、当日先着順)
・内容
【報告】江戸時代の農書に見る藍栽培―『会津農書』を中心に―(60分)
 公益財団法人福島県文化振興財団 歴史資料課長 渡邉智裕
【上映】芭蕉布を織る女たちー連帯の手わざー(30分、監督:村山英治、1981年)芸術祭優賞秀賞、毎日映画コンクール教育文化映画賞
 戦時中に廃れてしまった沖縄の芭蕉布の復興に尽力した平良敏子さんを中心に、栽培から染色・織りまでの一貫した共同作業による製作工程を追い、製作にかかわる女性たちの思いを伝えます。
【上映】彩なす首里の織物ー宮平初子ー(40分、監督:村山正実、2003年)優秀映像教材選奨最優秀作品賞
 途絶えそうになった首里織の復興に力を注いだ宮平初子さんの卓越した技能と首里織にかける深い思いを紹介し、独自の染色文化を育んだ沖縄の風土と歴史などを盛り込んだ作品です。
・その他 新型コロナウイルスの感染拡大状況により、休止となる場合があります。
・チラシR3film.pdf