プレイガイド&県内のイベント情報

読み直すふくしまの歴史講演会「ふくしま発掘最前線」

定員先着344名。応募は、参加者全員の住所・氏名・電話番号を明記し、往復ハガキまたはFAXで申し込みを。申込締切1/29(日)必着 ◎定員に達しましたので、受付は終了しました◎

講演会の他、関連企画として2/4(土)・5(日)9:30から16:30まで、とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)2階会議室で、講演会の前田遺跡成果報告に関連した土器や木製品などの出土品を展示する(事前申込不要、入場無料)

<お知らせ>2/1追記**********************************
2月5日(日)の「読み直すふくしまの歴史講演会」は満席となりました。
そのため、講演会当日はの展示会場につきましては混雑が予想されます。
感染症予防の観点から、展示会場への入場制限を設ける場合がございますので、ご了解ください。

また、2月5日の展示会場は、講演会終了後の
 ●12:00から13:00
 ●15:30以降
に混雑が予想されます。
じっくりと、展示を観覧されたい方は2月4日(土)9:30~16:30のご観覧をお勧めします。
*********************************************


詳細は、下記URLを参照ください。
https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/event/779

感染防止策チェックリスト

日時
2/5(日)10:30
会場
福島市、とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)
料金
無料(要申込)
講師
①石川日出志(公益財団法人福島県文化振興財団副理事長兼福島県文化財センター白河館長)
②三浦武司(同財団遺跡調査部)
③工藤雄一郎(学習院女子大学准教授)
④佐々木由香(金沢大学古代文明・文化資源学研究所特任准教授)
演題
①国史跡を育む―白河市天王山遺跡を事例に―
②川俣町前田遺跡の調査について
③縄文時代の環境と縄文人の植物利用―前田遺跡を念頭に―
④前田遺跡からみた縄文時代の植物考古学研究の最前線
主催
公益財団法人福島県文化振興財団
お問合せ
まほろん(0248)21-0700
FAX(0248)21-1075
〒961-0835 福島県白河市白坂一里段86